聴覚障害
聴覚障害

1.聴覚障害とは

聴覚障害とは、医学的には、外部の音声情報を大脳に送るための部位(外耳、中耳、内耳、聴神経)のいずれかに障害があるために、聞こえにくい、あるいは聴覚によって聞こえなくなっている状態のことをいいます。
一口に聴覚障害といっても、「聞こえかた」には一人ひとり、大きな差異があります。「音量が小さくなったようになり、聞き取り辛くなる」「音質が歪んだようになり、音は聞き取れるが内容が聞き分けにくくなる」「補聴器をつけても音や音声がほとんど聞き取れなくなる」など、「聞こえにくさ」の程度はさまざまです。
補聴器等の装用によってある程度音声を聞き取れる軽度・中等度難聴の人であっても、周囲に雑音がある場合やコンクリートの壁に間こまれた反響の多い場所などでは、話が通じにくくなります。マイクを通した音声、テープや映像教材の音声などは、肉声に比べて聞きにくいものです。
また聴覚障害者にとっては、聞き易い話し方をする人と聞きにくい話をする人がいます。モグモグした話し方をする相手とは話が通じにくくなってしまいます。
聴覚障害の多くを占める「音を感じる部分の難聴」の場合はとくに、音声情報を<音>としては認識していても、<言葉>として正確に内容を聞き取ることが難しく、目の前の一人の人とは通じても、3人、5人となると、どこで誰が何を話しているのか、音声のみで把握することが非常に困難になります。何人かでの雑談、授業の際の質疑応答、ディスカッションなどがこれにあたります。

2.聴覚障害者とコミュニケ―ション

聴覚障害は外見上わかりにくい障害であり、その人が抱えている困難も、他の人からは気づかれにくい側面があります。
また、聴覚障害はコミュニケーション障害であるともいわれます。コミュニケーションは人間関係を築く上で、非常に重要な手段です。
聴覚障害者のコミュニケーション方法は、聴覚障害の種類や程度のみならず、聴覚障害が生じた時期や、教育歴などによって、一人ひとり異なります。そのことは本人のアイデンティティとも深く結びついています。聴覚障害者のコミュニケーション方法には、手話、筆談、口話、聴覚活用などさまざまな方法がありますが、どれか一つがあれば十分ということはなく、多くの聴覚障害者は話す相手や場面によって複数の手段を組み合わせたり使い分けたりしています。
しかし、だれもが声を使って話したり聞いたりするのが当たり前だと思われている環境のなかでは、聴覚障害者は、周囲にあわせ、音声でのコミュニケーションを強いられることが少なくありません。周りの雰囲気に合わせて、わかったふりをせざるを得ないということもしばしば生じます。大勢の人と交わることに非常な労力を伴うため、そうした場への参加回数を減らすという対処をする人もいます。
その結果、その人の性格に問題があると誤解されてしまうこともあります。また、音声言語を前提とする環境では、筆談をもとめるのは、聴覚障害者の能力や努力の不足と見なされることがあります。そのために、筆談を求めることも避けつづけてきたという人もいます。聴覚障害があることを明らかにしていない人も、少なくないのが現状です。
聴覚障害者は、一人ひとり、聞こえ方も、コミュニケーションのしかたも、現在までの経験も異なっていることをふまえ、まずは聞こえない・聞こえにくい本人から、その置かれている状況を聞いて理解するようこころがけてください。
以下では、特に知っておいていただきたいことについてまとめました。

■手話について
手話は、とくに聴覚障害者にとっては、重要なコミュニケーション手段の一つです。
ただし、聴覚障害者がすべて手話を用いるわけではなく、日常的に手話を用いている人から、まったく手話がわからない人、手話を理解できるが、公の場では使いたくない人など、さまざまです。
その背景には、手話が長年「単なるジェスチャー」として音声言語よりも一段「低く」見られ、ろう学校(聴覚障害特別支援学校)でも公的には教えなかった時代や地域があったこと、さらに近年では地域の学校に通う聴覚障害児が増えていることなども影響しています。
聴覚障害者=手話と思い込むのではなく、その人の用いるコミュニケーション手段を理解し、尊重することが大切です。
 手話にもさまざまなバリエーションがあり、障害の生じた時期や手話を獲得した時期、教育歴によって、使用される手話も異なります。一般的に、ろう学校(聴覚障害特別支援学校)で学んだ人は、独自の文法を持つ手話を使用することが多く、音声言語を獲得後に失聴した中途失聴者や通常学校で学んだ人には、日本語の文法に基本的に沿って手話単語を表していく手話が好まれます。
よく「手話は世界共通ですか」という質問がありますが、共通ではありません。世界各地で、音声言語とは異なる独自の文法を持つ視覚的な言語としての手話が話されていることが知られています。

■口話について
口話は、話し手の口元や頬の動き、表情などを視覚的に捉え、さらに文脈なども総合的に判断しながら、話の内容を推測、理解しつつ、表現には音声言語を用いる方法のことをいいます。
聴覚障害者は、口話に加えて残存聴力を活用して聞き取る一部の音声情報を手がかりにすることもあります。しかし、「たばこ」「たまご」「なまこ」など口の動きが似ていることばや、同音異義語は、口の形を見ただけでは区別がつきません。初めて聞く話や突然場面が変わると、文脈がつかめず、口話がしづらくなります。暗いところでのやりとりや、離れた場所にいる相手とのやり取りにも限界があります。
口話は、聴覚障害者にとって、常に断片的な情報から話の内容を推測しなければならない、不安と緊張を伴う方法です。「補聴器をつけているから、比較的軽い聴覚障害だから、聞こえているだろう」「口元を読み取ってすべて理解しているだろう」と思い込まず、「聞こえていたとしても聞き取れないことがよくある」「口元を読むことには限界がある」ということをふまえたうえで、話の内容が伝わっているかどうか確認しながら、「声で話す」だけではなく「文字で書いて伝える」など視覚で伝える工夫をしてください。

 -東京大学バリアフリー支援室-一部抜粋引用
「障害者の権利に関する条約」(2007年9月28日署名,2014年2月19日に効力)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/jinken/index_shogaisha.html (外務省)
手話は「言語」として定義され、あらゆる場面での手話・手話通訳を配置する義務を定めています。それは「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律(障害者差別解消法)2016年4月1日施行」においては、「合理的理由がない」にもかかわらず、手話・手話通訳を配置しないこと禁じています。

聴覚障害者への情報保証・コミュニケーション保障のために

特定社会保険労務士/手話通訳士/消費生活専門相談員である当事務所は、年金や社会保険・働く問題・消費者としての様々な場面での、聴覚障害者の皆さんへの情報保証・コミュニケーション保証を進めてまいります。  聴覚障害者の皆さんはもとより、聴覚障害者の皆さんへの情報保証・コミュニケーション保証についてお困りごとは、是非、当事務所にご相談ください。

お問合せ
認定経営革新等支援機関
社会保険労務士事務所
    オフィスキム
〒537-0001
大阪市東成区深江北
        1-7-16-508
TEL:06-4981-8070
携帯:090-3488-7489
 
 
 
走る社労士!

金 泰成(きむてそん)
てつ日記 Ameba blogやってます!


特定社会保険労務士
手話通訳士

国家資格 キャリアコンサルタント
第一種衛生管理者
QMS主任審査員
ISMS主任審査員
EMS審査員
2級FP技能士
年金アドバイザー3級・2級

消費生活専門相談員
ホームヘルパー2級
ほめ達1級


アルバイト

社労士

働き方改革